FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09,9,20~21あぶくま洞~小名浜港

東京駅から東北新幹線で郡山へ。新幹線運賃にスイカが使えないって知ってましたか。

エキナカで浅草今半の牛肉弁当・大阪梅田豆狸のいなり三種入を確保。

日中走る2階建て車輌の1階は値引きすべきだ。風景がほとんど見えない。

ビール飲んで寝ちゃお、と思ったらもう着いちゃった。

郡山駅弁秘伝豚肉の女将漬辨當 は見つからず。

磐越西線(ゆうゆうあぶくまライン)に乗換え。


風来おやじのブログ-09092001  
あぶくま洞の最寄り駅神俣(かんまた)はもうすぐ。石灰岩が露出している。
abukuma0
神俣駅からはバスもなければタクシーも待っていない。タクシーを呼び出して相乗り。

近在のひとばかりだからかクルマ利用がほとんどのようだ。駐車場は満杯。

子供連れやカップルで洞に入るだけで大変。時間がないのでショートカット。


風来おやじのブログ-09092003  
風来おやじのブログ  風来おやじのブログ  風来おやじのブログ

山ぶどうワイン(これは良かったフルボディみたい)・山ぶどうジャム5瓶・練りじゅうねん(えごま、まだ残っている)をおみやげに。重い。これがあとで大変な思いをすることに。

タクシーを呼び出して(こんどは一人だから高くつくなあ)神俣駅に。いわき行き15時53分。これに乗り遅れると次は20時27分。タクシーで行くしかなくなるのだ。


いわき駅前ビルLATOV(ラトブ)1F海鮮寿司おのざきで地魚の刺身と寿司をたらふく(といってもここにこなけりゃ食えないというものは生サンマとメヒカリと・・・)。生ビールと酒2合。

食料を買い込んでバスで宿に向かう。海岸沿いの国道の1本内側の住宅街をぬっていく。

サザンパシフィックホテルhttp://www.sph.co.jp/  素泊まり


部屋付き露天風呂に出たり入ったり(温泉ではありません)。

部屋からの眺め北東には塩屋の岬 灯台がわかりますか。
sioyasaki
南東は海がすぐそば。太平洋の波が直に打ち寄せる。
風来おやじのブログ


一人酒盛り。「おいなりさん」もまだ2個残ってる。

ゴーという海鳴りが絶えない。ここには住めないな。


翌朝、バスで小名浜港に向かう。小名浜経由のはずなのに港に着かない。

前席の中学生に聞いたら港への入口の停留所を過ぎたばかりだという。

そこから2つ目で降りて海に向かう。

小名浜港は北にあり南部分には一大コンビナートがある。

そこを大きく迂回することになったわけだ。昨日買ったおみやげが肩に食い込む。

福島臨海鉄道の踏切を渡る。

「アクアマリンふくしま」到着 さすがに連休最終日、家族連れがいっぱい並んでいる。


風来おやじのブログ  風来おやじのブログ

風来おやじのブログ  風来おやじのブログ

風来おやじのブログ  風来おやじのブログ


小名浜港ではイベントをやっているし、団体客がどんどんやってくるのでたくさんある食堂はどこも行列。

しかたがないので遊覧船乗り場のベンチで昼寝。

食後は港内一周遊覧船でウミネコにかっぱえびせんを食わせる。

追い風なら親指と人差指でつまんでいればくわえていく。ときどき、くちばしが当たるが全然痛くない。これも野生とのふれあい?もっとも結局ほとんどはばらまくのだけど。



風来おやじのブログ  風来おやじのブログ

風来おやじのブログ  風来おやじのブログ

せっかくだから市場へ。めひかりとメヒコのカニピラフ。


いわき湯本の駅の回りを時間つぶし。だいぶ暗くなった。温泉街への道は模範商店街になっていそう。

泉駅から常磐線スーパーひたちで上野へ。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

風来おやじ

Author:風来おやじ
拝島駅前の本屋のオヤジ 
itobooks.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。